重複しても困らない食品

需要の予測について

お茶

私たちの住む日本には様々な伝統が古来より残され、現代においてもその技術を活用し囲まれて生活をしています。日本独自の習慣も受け継がれていて、贈り物という文化もその中のひとつです。年間を通して身近なものは、暑中見舞いやお歳暮で、普段お世話になっている人・お世話になった人に贈られます。 贈り物を選択するときには、時期が同じで一斉に贈られるという事情もあり、なるべく重複しないようなものなど、様々な配慮で苦慮することになります。そういった場合には、贈られて重複しても困らないものも選ばれるのです。その中のひとつが日本茶で、贈り物だけではなく、自宅で使用する通販でも人気となっています。 保存しやすく取り扱いも比較的簡単なので、贈り物・通販共に、日本茶の需要は今後も安定していくと予測できます。

種類や保存方法について

日本の伝統として古来より親しまれてきた日本茶には、様々なことわざや関連する言葉があります。茶摘み唄においても、色は静岡・香りは宇治よ・味は狭山で、などが存在しています。唄で表現されている地名以外にも様々な産地があり、地域ごとに異なる色・香り・味が日本茶の特徴です。 お茶の知識として知っておきたい点は、正しい保存方法です。お茶は食品に限らず、様々な匂いを吸収するという性質があります。また、光に当たると変色することがあり、風味や鮮度が落ちやすいという点にも理解が必要です。使い切れる程度の量であれば、常温で光の当たらない冷暗所など、温度変化や湿気の少ない場所が保存場所に適しています。量が多い場合は、確実に密封した上での冷凍保存が適していますが、開封時の結露を避けるために、完全に常温に戻った状態での開封が必要です。通販などで購入されることも多くなった日本茶ですが、それらを購入者の元へ郵送する際にはきちんとした梱包のもとに郵送します。そのため、通販購入時には新鮮な茶葉を自宅で味わうことが可能になるのです。